産経新聞社

沿革

昭和8年6月「日本工業新聞」(現・「産經新聞」)を創刊
昭和14年3月鞄本工業新聞社(当社前身の一つ、旧大阪本社)設立、「日本工業新聞」(現・「産經新聞」)を発刊
昭和17年10月旧大阪本社の商号を且Y業経済新聞社に変更し、題号を「産業経済新聞」(現・「産經新聞」)に改題
昭和30年2月且Y業経済新聞東京本社(当社前身の一つ、旧東京本社)設立
旧大阪本社で「日刊サンケイ・スポーツ」(現・「サンケイスポーツ」)を創刊
昭和30年11月旧東京本社、時事新報と合同。旧東京本社発行の新聞の題号を「産経時事」に改題
昭和33年7月旧東京本社及び旧大阪本社両社発行の新聞の題号を「産経新聞」に統一
昭和34年2月旧東京本社が旧大阪本社を合併し、且Y業経済新聞社に商号変更
昭和38年2月東京でも「サンケイスポーツ」発刊
昭和42年12月潟tジテレビジョン(現・潟tジ・メディア・ホールディングス)、潟jッポン放送、兜カ化放送とともに
「フジサンケイグループ」結成
昭和44年2月「夕刊フジ」を創刊
昭和44年5月題字を縦書き「サンケイ」に改題
昭和46年5月「競馬エイト」を創刊
昭和60年7月フジサンケイグループの結束を強化し、統一シンボルマーク「目ん玉マーク」を制定
昭和63年5月題字を「産經新聞」に変え、各工場でカラー化新聞発行開始
平成5年10月「週刊Gallop(ギャロップ)」を創刊
平成9年4月「モーストリー・クラシック」を創刊
平成12年9月東京サンケイビルが完成、東京本社移転
平成14年4月東京本社管内の夕刊廃止。24時間編集の「新朝刊」デビュー
平成15年3月月刊テレビ情報誌「TVnavi(テレビナビ)」を創刊
平成17年8月難波サンケイビルが完成、大阪本社移転
平成17年11月且Y経デジタル設立(現・連結子会社)
平成18年11月「SANKEI EXPRESS(産経エクスプレス)」を創刊
平成19年10月且Y経デジタルがマイクロソフト鰍ニ業務提携し、ニュースサイト「MSN産経ニュース」開設
平成20年1月印刷拠点「千鳥センター」竣工
平成20年6月印刷拠点「美原センター」竣工
平成21年10月「産經新聞 九州・山口特別版」発行
平成21年11月印刷拠点「江東センター」竣工。6拠点でフルカラー化完了
平成22年5月旧芝浦工場を改修したオフィスビル・商業施設「TABLOID」(タブロイド)オープン
平成22年8月全社的な新聞制作システムの更新作業が完了
平成23年4月「韓Fun(カンファン)」を創刊
平成25年6月産経新聞が創刊80周年。4月には「国民の憲法」要綱を発表
平成26年10月且Y経デジタルが旗艦サイト「産経ニュース」と総合オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)を開設」